日本語練習帳

つらみのラプソディを歌います

帰宅

帰るのが不用意に遅くなるというのは,ヤバいですね.

今日は駒場でアホみたいにピアノを弾いて,来る日に待ち受ける審判の痛みを少しでも軽減出来るように足掻きました.

アレですね.カプースチンのヴァイオリン・ソナタは,YMOです.

僕はカプースチンの作品はどれも素晴らしく,独特の和声感覚とリズムに支配された世界に誰もがハマると信じています.1

しかし,ヴァイオリン・ソナタだけは何かが違う.

特にI, III楽章.それまで貫いてきた和声感覚を突然投げ打ち,急に旋法でゴリゴリ押すという要らん事を始めてしまう.

その結果,魔改造された東風が出来上がってしまったのだ.


Nikolai Kapustin - Violin Sonata, Op 70


東風(Tong poo) - YMO


  1. カプースチンショパンに置き換えてもそこまで違いはない.

広告を非表示にする